本日 198 人 - 昨日 206 人 - 累計 97026 人
  • 東北特殊清掃.com

ご依頼事例

  1. HOME >
  2. ご依頼事例
浜田おむつ屋敷 (1).jpg50代母子家庭の隠れゴミ屋敷の例

某県の某街に住む50代母子家庭での隠れゴミ屋敷を依頼された
4LDKの戸建て賃貸住宅です。
子供6人と母親計7人家族にて住んでいましたが母親の体調不良により
生活保護受け長らく生活していましたが住宅に生活ごみが溜まり
次第に居住スペースが不衛生になり子供たちが家に近寄らなくなり
警察に補導され自宅内がごみ屋敷化しているのが発覚して賃貸契約時の
保証人様が責任を取り住宅内の原状回復のご依頼を頂きました。
4LDKの住宅より45リッターのごみ袋が可燃ごみ1,900袋と
不燃ごみ850袋出ました。
水子の遺骨の捜索もしたのですがネズミに食べられて無残な姿で発見され保証人様に引き渡しました。



hirogomi15.jpg貧困連鎖によるセルフネグレクトの現実

母親が新しい彼氏が出来て家を出て10代の姉妹がが3Kのアパートに
残り生活をしていたが生活費が無くなり学校へも行けなくなり
次第に夜の街へ出かけては援助交際にて生活費を稼ぐようになり
私生活も乱れこのごみ屋敷の中で性交渉をするようになりご近所でも
大騒ぎになり警察に補導され今回の件が発覚しました。
アパートの保証人は消息不明で母親も消息不明の為大家さんが自腹にて
原状回復を依頼されました。
ライフラインは止められて部屋中に使用済みの避妊具や使用済み生理用品や
糞尿が大量に放置してありました。



新井田馬場邸 (1).jpg元気な高齢者の孤独死

近所からも友達からも元気な人と見られそれが本人もステータス
だったと言います。
一人で急に長期の旅行にも出かけるためご近所様も姿が見えなくても
何の違和感も感じてはいなかったと言います。
この時期は丁度真冬で室内のストーブの設定温度が28℃と真夏並みに
設定されていて故人様は脳梗塞で倒れそのまま息を引き取りました。
発見されたのが死後一か月後に発見されたのですがダメージがひどく
DNA鑑定で本人確認が取れましたが身内全員が財産放棄をされ
賃貸の戸建て住宅だった為大家さんが自腹にて原状回復のご依頼を頂きました。



北園アパート特殊清掃 (7).jpgワーキングプア(働く貧困者)の孤独死

大学卒業後大手企業へ就職し順風満帆な社会人生活を送っていました。
リーマンショック後リストラにあい年齢も50代半ばで中々就職口が
決まらず故郷の友人が地元の企業を紹介してもらい故郷へ数十年ぶりに
帰って来たのだがフルタイムで当初は働いていたが会社の業績が悪くなり
バイトを掛け持ちしないと生活できず体調を壊し休みがちになると
職も失い病院にも行けづに一人部屋にて習慣病の悪化により死亡
死後3ヶ月後に友人に発見されました。
身内全員が財産放棄した為大家さんと不動産業者さんが折半し
原状回復依頼をされました。



猫屋敷 (3).jpg認知症による多重飼育の現実

80代の女性の一人暮らしを長年していたのだが60代後半ぐらいから
認知症が発症したらしくご近所とのトラブルが絶えず何時も大声で
喧嘩をしていたと言います。
身内の人も手が付けれず次第に疎遠になって行ったと言います。
近所の住人も目に余る行動や発言などが耐え切れず行政に相談を
したそうです。
福祉課の担当職員や地域包括の担当者が長年訪問して信頼関係を作り
猫屋敷の猫の撤去とご本人が衰弱している為後見人が選出され
ご本人は施設へ入所した為残された大量の猫の捕獲と住宅の原状回復の
ご依頼を法定後見人様よりご依頼を頂きまた人が住める状態に現状を回復しました。