本日 112 人 - 昨日 221 人 - 累計 268582 人

おはようございます。

私の住む青森県も昨日はアツかったです。
山の中のバイパスの温度計も今シーズン初の27℃でした。
ビックリですね。
朝は寒くてストーブを焚いていたのに
昼には、気温27℃って・・・・

さて、ギャンブルに溺れ職も家族も失った男性の
お話も今日で最終回です。
沢山の方に当ブログにお越しいただき感謝致します。
どうか、この様な事例が世間であったんだと
心に止め置きこの様になら無い様な行動をされてください。

さて、葬儀も無事終わり、月も後半に入って来ました。
月を跨ぐと賃貸住宅ですと余分な家賃が発生します。

良心的な所でしたら日割りで家賃計算をしてくれるところも
今は多くなっていますが、昔ながらの大家さん直接の
所はまだまだ日割り計算してくれる所は、私が知る限りでは
少ないとおもいます。

ここの賃貸も、1日でも返却が遅れると翌月の家賃まるまる
発生してしまうので今月中の原状回復作業が必要になります。

さて、カギを妹さんからお借りしていましたので
今日は、お部屋のお見積りと部屋の状況の確認です。

後から分かった話ですが警察医の調べでは
死後推定2週間前後という話です。

寝室で寝ていて心臓発作をおこしそのままなくなられたと
言うのが今回の孤独死です。

何時もの様に玄関前で合掌
故人のご冥福をお祈りして玄関のドアのカギを開け
ドアを開けると大量のハエが一気に飛びかかってきました。
思わずドアを閉め、殺虫剤を準備してドアを開けたと同時に
殺虫剤を噴霧しはにめました。

害虫が思いの他、発生しているので据え置きタイプの
殺虫剤を置いて室内を密閉して害虫の駆除から始めました。

15分後ガスマスクをして再度入室すると
台所のごみからウジが大量に発生していました。

今度は、ご遺体が見つかった寝室を手探り状態で探しました。
昼間だと言うのに一階の真ん中の部屋の為、窓が少なく
唯一窓のある部屋の向こう側には大きな建物の壁があり
光がほとんど入らず昼間でも電気を付けなければ
夜の様に真っ暗な部屋でした。

ライフラインも止められていて懐中電灯で足元を照らしながら
一歩一歩確かめながら進んでいくと言った感じでした。

問題の寝室にたどり着くとここ最近の陽気のせいもあり
かなりご遺体が腐敗していたかが想像できます。

部屋中の至る所からコンビニ弁当の空容器やカップ麺の
空容器が散乱していたりと独居男性の孤独死される部屋の
特徴がすべてそろっていました。

ざっと見た感じでは、原状回復作業にスタッフ3人で
2日間で終了できると判断しました。

後日、作業に入って見つかった手紙には、〇〇へごめんなさい。
もうにどとパチンコはしませんから許してください。
もう隠れてサラ金からお金を借りませんから許してください。
などと書かれた手紙が多数出てきました。

離婚した奥さん謝罪した手紙なのでしょうね。
この手紙を大事に保管していたこの男性はどの様な
思いでこの手紙を残して置いたのでしょうね。

明日は我が身ですね。
私はギャンブルはしませんが家族を大事にしないとと
この現場で痛感した現場でもあります。

無事、このアパートの一室を大家さんに返却して
追加の家賃も発生する事も有りませんでした。
この男性の遺骨は、八戸市内のご両親が眠る墓に
埋骨され天国で親子そろって暮らしていると言います。

この様な警察からご遺体の引き取りの付き添いから
葬儀の手配や賃貸住宅の引き渡しまで全てプロデュース
する事も出来ます。
私共の沢山の協力業者のネットワークで実現出来ます「。
お困り事は、ぜひ、私共をご指名ください。


おはようございます。

やっと天気が良くなりました。
本当にここ数日は天気が悪く寒くと
嫌な天候でした。
皆さんの住む地域はどうでしょうか?

さて、昨日のブログの続きを書きたいと思います。
電話を切り1週間位経った頃です。

その女性からお電話を頂きました。
警察より身柄を引き取りに来てくださいと
連絡が有ったどうしたらよいかと言う電話です。

私は、この一週間の時間んでお兄さんの身柄を引き取るか
引き取らないかを考えたのかをお聞きしました。

するとこの女性が、昔の話を私にしてくれました。
両親は共働きで小さい頃からお兄さんに面倒を見てもらい
育ってきた。
小学生頃、いじめに有った時も兄が助けてくれ
いじめが無くなった事や忘れ物をした時なども
兄が学校まで持ってきてくれたりと本当に可愛がって
くれた兄に今恩返ししなかったら自分はダメになると
泣きながら話してくれました。

では、あなたがお兄さんを引き取り供養をしてあげてください。
と、私はこの女性に話しました。

するとこの女性は、今、遠方に住んでおり葬儀社も分からず
どうしたら兄のご遺体を引き取ったらいいのか分から無いと
言う事だったので私が全てプロデュースさせて頂く事に
了解を頂きました。

まず、八戸には最短で何時来れるのかと何日滞在できるのか
また、、滞在できる親戚か知人の家は有るのか無いのかを
お聞きしました。

八戸には、早くても3日後の夕方でないといけないと言う事が
分かりました。
また、滞在期間も最長で5日間がギリギリと言います。
滞在できる親戚も知人もい無いと言う事だったので
一泊の予算をお聞きして宿泊施設をこちらで予約する事に
して一旦お電話を切り最大5日間で身柄引き取りから
火葬して納骨に賃貸管理会社さんとの話し合いなど
全て段取りをする事にしました。

まずは、警察の担当刑事さんに連絡をして
引き取りの日時の確認をして、続いては協力業者である
葬儀社へ電話して事情を説明して最短で出来る葬儀と火葬
納骨の手配を葬儀社に頼みました。

今度は、お兄さんが亡くなっていたアパートの管理している
不動産業者さんへお電話をいれて何時伺うかを伝え
オーナーさんの意向もあると思うので当日、故人様の
妹さんをお連れするので担当者と引き合わせ話し合いたいと
伝え了承を頂きました。

後は、5日間滞在できる宿も手配できたので
妹さんに再度連絡を入れました。

妹さんもあっと言う間の手配なのかビックリされた様子で
いましたが予定通り5日間で全て終わると聞きホッと
した様子でした。

ただ、ご遺体の腐敗も進んでいるので最後の別れは
直接でき無いと言う事を伝えるとともに
直葬でなければなら無いと言う事をお伝えしました。

本来直葬とは、ご遺体の腐敗が進みそのままでは
お通夜や葬儀ができない為、警察署から直接火葬場へ
運び火葬する事を直葬と言います。

最近では、葬儀の費用をかけない為に病院より火葬場へ
運び火葬する事を直葬と言う方もいますが
本来の直葬の意味は最初に説明した方です。

その事を了解して頂くために確認と了解の為に
妹さんに再度連絡を入れました。

また、火葬にご出席いただくお身内の方の人数や
葬儀を出すのか出さないのかなどや宗派など
こまごました事は、この後葬儀業者から連絡を
させると言う事をお伝えし最後に、火葬前まででしたら
色んな事がやりなおせると伝え慌てなくてもよいし
お兄さんを送る事に妥協する事もないとも
お伝えしてお電話を切りました。

つづく

おはようございます。

今朝も雨が降り寒い朝を向かえています。

さて、皆さんは賭け事ギャンブルをされますか?
公営と聞くとイメージはそんな悪くない様に感じますが
しょせんギャンブルはギャンブルですね。

今日はその公営ギャンブルにのめり込み
職も失い家族にも見放され最終的には
ご自身の健康も失い最後は命をも失った男性の
遺したお部屋の特殊清掃の事例をお話します。

今やパチンコも何円パチンコや何円スロットと言う
物まであるそうですね。
私も20代まではパチンコをした経験が有りますが
勝つ事より負ける方が多かったのでそれ以来辞めて
やっていないのでもう30年近くもパチンコ店に
出入りをしていないので詳しくは分からないのですが
ポスターや垂れ幕を見るとちょくちょくこの様な
事がかかれています。

今回の事例は、40代後半の元塗装工をしていた
男性の話です。

今年の2月の寒い日の出来事でした。
事務所に1本の電話が入りました。
この日は、空き家の屋根の雪下ろしの依頼も
落ち着きを見せて久しぶりに休みをとろうとして
スケジュールを空けてスタッフ達は休ませていた
そんな日でした。

電話を取ると中年の女性が緊張した様な声で
少し声が震えながら話しているのが強く印象に
残りました。

この女性の話を聞くと、もう10年近くあっていない
兄がアパートの部屋でなくなっていたのが
市役所の担当者が発見して警察に通報があり
私の所へ身柄引き取りの件でと警察より連絡が有り
初めて兄が死んだことを知らされたと言います。

取る物も持たず急いで電話があった警察署へ伺い
担当刑事さんに面会を求め話を聞いたと言います。

担当刑事さんの話だと今死因の究明のため
お兄さんのご遺体は、警察医の所にあるので
まだ、身柄を引き渡す事ができないと言われたと言います。

担当刑事さんは、今この事件は捜査中で詳しい事は
話せないが、事件性があるのか無いのかは今捜査中なので
アパートの部屋に入る事は今は出来ませんので
しばらくの間は、アパートの部屋のカギは警察で預かります。

もし、合鍵等があってもけして中に入らないでくださいと
強く言われたと言います。

この女性が、担当刑事さんに兄には、財産が有ったのでしょうか
この先、アパートの部屋の片付けや借金があるなら
返さなければなら無いしと訊ねるとそう言った事は
今はお話する事はできません。
と言われ不安になり私の所へ相談の電話をくれたと言います。

まず、不審に思っている部屋には入らないでくださいと
言う警察の申し出は、もし事件性があた場合(殺人の可能性)
再捜査する上で指紋や痕跡が有った場合容疑者になる
可能性がある為安全のための部屋に入らないでと言う
刑事さんからの支持だと思います。

また、財産の有無も警察の立場から話す事ができない
からなのです。(個人情報を漏えいした)と言う事に
なるから言えないのです。

などなど細かい点を一つ一つかみ砕いてお話をすると
この女性もなっとくしてくれたのか落ち着いた感じの
話口調へと少しづつ変わって行きました。

そこで私は、思いきって一週間から遅くても十日後には
担当刑事さんより身柄を引き取りに来てくださいと言う
お電話が入ります。

その際に身柄を引き取るか否かをそれまでに
考えてをか無ければなりませんよとアドバイスをしました。
仮に身柄の引き渡し拒否した場合のお兄さんの身柄が
どうなるのかを伝えました。

すると、電話の向こうですすっりなく声が聞こえてきました。
その間、女性が言葉をだすまで私は黙って数分間の沈黙が
続きました。

泣き終わった女性がすみませんと言葉を発してくれ
今度は、身柄を引き取った場合のその後の流れを
この女性に、義務や権利または放棄が出来る事を
一つづつ私なりに丁寧に伝えました。

すると電話の女性は、少し明るい感じの声にかわり
電話して良かった少し安心しましたと言い
警察からまた電話来たら電話してもいいですかと
訊ねられたので私は、ぜひお電話くださいと
話その日はこれで終了しました。

つづく


おはようございます。

今朝は大荒れの青森市のあさです。
昨日で現場2件無事に終了したおかげで
心なしか大荒れの朝でも気が楽です。

外でお仕事の方には大変申し訳ないのですがね。

さて、多重飼育の猫ちゃん達の続報です。
昨日ゲージに捕獲された猫ちゃんは
なんと!なんと!なんと~!1匹でした(+o+)

中々捕まえにくくなって来ました!!
これで捕獲された猫ちゃん23匹です。
後もう少しなのだが・・・・・・・・・・
担当者によるとぶ~と太ったオスのトラ猫と
ホルスタイン模様のメス猫にぶちのオス猫と
その他2~3匹の猫の姿がこの数日見かけないと
もしかしたらねぐらを変えたのではと?

元々いた猫では無く、のらちゃんが居候していた
猫ちゃん達らしいので今週いっぱい捕獲作業続行したい
と思います。

さて、昨日当ブログでお伝えしたシェアハウスでの
孤独死での原状回復作業の方も、正式にご依頼を
頂き事が決まりました。
ご依頼主様の方で数社からお見積りを取り
ご検討されたらしいのですが、原状回復作業の
経験や知識の差が私共と大違いと言う事で
費用より技術を選んで頂き私共に決まりました。

ここのシェアハウスの原状回復作業はシェアハウスの
ご都合もあり来週早々に回復作業がはじまります。

私共、東北特殊清掃.comでは、東北6県をはじめ
北海道にも原状回復作業の技術の評判が伝わり
始めています。
今月中には、初となる札幌市のご依頼を頂きます。
この様な特殊清掃でお困りは、ぜひ、私共を
ご指名ください。
皆様のお力になれると自負しています。


おはようございます。

さて、認知症が原因の多重飼育の猫ちゃんの
捕獲も5日目を向えています。

昨日までで22匹の猫ちゃん達を捕まえることが
できました。
昨日は残念な事に0匹です。

なかなか捕まってはくれませんね。
引き続き根気強く捕まえたいと思います。


さて、昨日お見積りのご依頼を頂いたのが
シェアハウスにて孤独死が発生してしまい
やっと警察より原状回復作業の許可がでたと言うので
今回、私共に原状回復のご依頼を頂きました。

時間を合わせ現場へ行く孤独死が発生した
建物を見ると一見普通の民家の様な建物でした。

中に入ると大きな食堂があり外観と中じゃ大違いです。
学校や職場の寮の様な感じでもありました。

担当者の方にお話を聞くと夕食ごご自分の部屋に
戻り過ごされていたらしいが持病の合併症の
発作がおきて倒れお亡くなりになられたと言います。

発見されたのが翌朝、何時もの時間に食堂に来ない
ことに不審に思いシェアハウスの担当者が部屋を
訊ねると倒れている故人様を発見して警察に
通報したと言います。

最初は、頭から血を流し死んでいた為に
事件性があるのではと言う事で捜査されたらしいが
心筋梗塞の発作で倒れたさいにストーブの角に
頭を強く打ち頭が切れ血が出たという結論に
達したと言います。

死後推定10時間後に発見され今は、火葬され
お墓に納骨されたと言います。

孤独死と言うイメージは、独居で高齢でと言う
イメージが強いとおもいますが、この様な
シェアハウスでも起こると言う事ですね。

他人ごとでは無い明日は我が身です気を付けたい
とおもいます。

前のページ
次のページ